\トレンド・エンタメ・お得情報を逃さない/

バチェラー5の2話ネタバレあらすじ感想!2ショットデートや脱落者は誰?

ついにAmazonPrimeVideoで放送がスタートした「バチェラー・ジャパン シーズン5」。

初回放送日の8月3日(木)は第1話~3話までが一気に放送されました!

最初にデートに行くのは誰だろう!

だんだんと脱落のダメージも大きくなるよね…

この記事ではバチェラー5第2話のあらすじと感想や口コミについてまとめています。

\バチェラー観るならAmazonPrimeVideo/

30日間無料体験もできて過去のバチェラーシリーズも全話観れちゃう!

今すぐバチェラー・ジャパンを観る!

バチェラー5|2話ネタバレあらすじ

バチェラー5の2話では女性たちがこれから共同生活を共にするホテルに到着します。

早速坂東さんから最初のデートの発表が行われ、周典さんが読み上げます。

最初のデートはグループデート

旅の初めてのデートはグループデートで、長谷川さんの日常となっているパーソナルトレーニングです。

一緒に汗を流し、緊張した心と体をリフレッシュしましょうという長谷川さんからの提案に、女性陣は喜びます!

中でもパーソナルトレーナーをしている大野博美さんは1番の見せ所と意気込み西山真央さんも体を動かすのが好き竹下理恵さんはボディタッチを狙います。

一方で明石真由美さんは運動がとても苦手なため、少し不安がっています。

結構ガチなパーソナルトレーニング

長谷川さんの「頑張るぞー」の掛け声でトレーニングがスタートします。

率先して前列を確保した竹下理恵さんに「積極的だな」と好印象の長谷川さん。

そして本業というだけあって、長谷川さんは本気モード。指導の目が本気で、女性たちへのボディタッチも多いですが、逆にあまりボディタッチをされない大内悠里さんは「興味ないのかな?」と少し不安になります。

その後ペアトレーニングでは長谷川さんと大野博美さんが見本を見せ、運動が得意な人も苦手な人も一生懸命に汗をかき楽しんでいる姿を見て、長谷川さんもとても嬉しそうでした。

トレーニング後は5名とデート

トレーニング後は長谷川さんから直接指名された下記の5人がデートに向かいます。

  • 大野博美さん
  • 明石真由美さん
  • 竹下理恵さん
  • 齋藤由依さん
  • 尾﨑真衣さん

タコスを囲んで食事の時間を過ごす

みんなでタコスを食べながらお互いの考え方やパーソナリティを知るために時間を共にします。

そんな中で竹下理恵さんが「言葉って心にも残るし記憶にも残るから、嬉しいことも嫌なことも残るじゃん。だからすごい言葉を大事に行こうと思うとすごいゆっくりになる。考えながら言うと、でもちゃんと相手に伝わっているならいいよね」という話をします。

これに対し長谷川さんは「それ俺の事やん」と感じたそうで、竹下さんとの考え方の一致に驚きます。

子供の話題で不穏な空気?

長谷川さんが、バスケをやっていて協調性や仲間との信頼関係や縦社会を学んだ経験から、子供ができたときに何か1つでもやらせたいと思うがどうですか?という質問を女性陣に投げかけます。

これに対し、竹下さんは周りで子供ができない友達が多いそうで、子供ができることを前提に話すのはどうなのか、と考えいます。

また大野さんも子供についての話は大勢で話すような内容ではないのでなないか、と違和感を感じます。

そんな雰囲気のまま時間終了のベルが鳴ります。

初の2ショットデートに選ばれたのは

坂東さんから終了の合図があったタイミングで、長谷川さんが「この後行きたいところがあるので1人お誘いしたい」と申し出があります。

そしてバチェラー5初めての2ショットデートに選ばれたのは尾﨑真衣さんです!

決め手は尾﨑真衣さんがご両親から「自分のやりたいことをやる代わりに自分が選んだことは最後まで責任を持ちなさい」と言われ自身もそのように考えているというところに共感し誘ったと言います。

お買い物デートで一緒に洋服選び

「どんな服がに合うと思いますか?」という尾﨑真衣さんの質問に答えながら2人で洋服を選び、長谷川さんがプレゼントをします。

長谷川さんはインタビューで尾﨑さんのことを「可愛い、ずっと可愛い」とデレデレな様子でした。

待っている&帰ってきた女性陣で不満大会

デートを待っていた女性たちと、尾﨑さん以外の帰ってきた女性たちで、デートの内容を話します。

竹下さんが、長谷川さんが自分の意見を押し付けるような質問の仕方だったことに不満を感じていてそれを他のメンバーに共有、みんなで不満大会のようになります。

ただその場にいなかった女性たちは以外にも“又聞きで人の判断はしない”という考えの人が多く、現段階で長谷川さんのイメージダウンにつながったという事はないようです。

海の見える場所で事情聴取

長谷川さんと尾﨑真衣さんが海沿いの席に座り、長谷川さんが尾﨑さんに趣味や理想のパートナーや結婚観を質問します。

趣味を聞かれた尾﨑さんは「相手の好きなことをなんでも楽しめる」と答え「じゃあバスケだね」と言います。

尾﨑さんは「バスケ本当にやってみたかったの」と意気投合します。

明日のデートの発表

待機中のメンバーのところに坂東さんが明日のデートの手紙をもってやってきて、輿水りささんが読み上げます。

明日はグループデートです。今回2つのプランを用意しています。もし、将来私と家族になった時、皆さんはどちらのシチュエーションを選びますか。

  1. 木漏れ日の中でのんびりなひと時を
  2. 海で身も心もアクティブに

なんと長谷川さん自身が家族とより楽しめるのはどちらなのかを考え、決断した選択肢の場所で待っているという新しい選択制のグループデートです。

家族について話す

今まで自分のために仕事をしてきて「誰かのために生きていきたい」「生きる糧となる存在が欲しい」と話す長谷川さんに対し尾﨑さんは大粒の涙を流します。

尾﨑さんも結婚したいと思った理由の1つに、「家族から愛されてきた」経験が大きく、自分もそういう相手を見つけて豊かな心を持った家庭を作って自分がもらってきた愛を子供に繋げていきたい、という思いを話します。

お互いに飾らず素で話すことができたようで、好印象でデートを終えます。

サプライズローズは尾﨑真衣の手に

お互いに飾らず素で話すことができたようで、好印象でデートを終えます。

最後に長谷川さんから尾﨑真衣さんにサプライズローズが渡され、2人はハグをします。

長谷川さんは「2人の将来が見えてきた」と感じ「もっと好きになりたい」と感じていました。

選ばれたのはアクティブデート

2日目のデートで選ばれたのは“アクティブデート”を選んだ6人の女性。

  • 輿水りささん
  • 高須賀佑紀さん
  • 栃木愛シャさん
  • 齋藤由依さん
  • 本田美羽さん
  • 大野博美さん

7人で海に飛び込んだりしながら楽しい時間を過ごします。

順番に2ショット

そんななか2人で話をしたいと順番に長谷川さんに誘われ、それぞれの結婚観について話します。

そんな中で大野さんが前日のデートの中で合った子供についての話題に触れ、「子供は産みたいと思うが、もし仮にパートナーが子供が産めないとか、実は不妊だったとかってなった時にどうするのかなと思った」「昨日は子供がいる前提での話だったから、そういう話は2人の時に話すべきだったのでは?」と伝えます。

そのことについて長谷川さんは反省し、「ありがとう話してくれて」と伝えます。

バチェラーが2ショットデートに誘ったのは?

クルージングが終了し女性たちに別れを告げた後、長谷川さんは西山真央さんを2ショットデートに誘います。

そして2人ヘリに乗り込み海岸に到着。

2人でお酒を飲みながら理想の理想のパートナー像について話します。

西山さんは「柔軟な人がいい」「人を否定したり見下したりする人が嫌」という思いを伝え、長谷川さんも共感します。

長谷川さんの不安や愚痴を聞いて「ハッピーに買えるよ」という西山さん。

2人とも辛いことがあったら「二人で泣いてから美味しい物を食べにいこう」という長谷川さんの提案に微笑む2人。

長谷川さんの足の間に西山さんが座り、2人で夕日を眺めます。

「俺真央といると何も考えてない、落ち着く」と伝え、サプライズローズを渡します。

長谷川さんは一緒にいる空気が心地いい、西山さんももっと話したい、好きなのかな?と感じた時間でした。

カクテルパーティー

長谷川さん、女性たちがパーティー会場に集まってきます。

そこにローズを持った西山真央さんが帰ってきて女性たちが歓声を上げます。

パーティーの冒頭で長谷川さんは女性陣に前日の子供についての発言について謝罪し、乾杯をします。

長谷川さんは“不思議で何を考えているのか分からない”と感じている月田侑里さんを2ショットに誘います。

気遣いに感動するバチェラー

月田侑里さんと2人になり、月田さんは長谷川さんに「初めてのカクテルパーティーで、長谷川さんの緊張が伝わってきて、あの場は自己アピールより長谷川さんがほっと一息ついたときに隣で少しでも話せたら幸せだと思った。女の子の中でも年齢が上の方なので、年下の子たちが先の方がいいと思った」と当時の心境を伝えいます。

それに対し長谷川さんは「もうそれ思わなくていいから」とストレートに伝え、「でもそれが聞けて泣きそう」と感動している様子を見せます。

長谷川さんに教えてもらったパーソナルトレーニングを空いている時間にやっていると話す月田さんと、「敬語はなしで話そう」と約束します。

同じ価値観に運命を感じる

次に竹下理恵さんと2ショットになります。

グループデートで話した時に「あまり共感してないのかな?と思った」と伝えると、「めちゃくちゃ共感してる、なんなら運命感じる」と同じ考えを持っていることを伝えます。

メッキが剥がれ号泣

他の女性陣の後押しを受けて長谷川さんと話しに来た大内悠里さんに長谷川さんは「僕から誘おうと思ってたのに」と伝えます。

緊張のし過ぎで涙目になりながら、緊張で飛んでしまうからと事前に用紙していたカンペを見ながら話す大内さん。

大内さんは過去の自分について20歳超えてから仕事ばかりしていたことで塗り固められていたメッキが、1人になった今どんどんはがれて不安な気持ちと感謝の気持ちをまっすぐに長谷川さんに伝えます。

長谷川さんは「そのままの悠里でいたらいい」と伝えハグ。

その後順番に長谷川さんと2ショットの時間を過ごし各々の思いを伝えます。

センスは?な交換絵画

長谷川さんと齋藤由依さんが2ショットになると、長谷川さんは交換絵画を描いてきたと渡します

タコスや海、そして自分と齋藤さんを描いたという絵画の説明をし、齋藤さんは「嬉しい」と涙を流します。

長谷川さんがハンカチで齋藤さんの涙をぬぐいます。

2回目のローズセレモニー

女性陣が並び、坂東さんから今回のローズが全部で12本、そのうちの2本は既に尾﨑真衣さんと西山真央さんが受け取っており、残るローズは10本であること、2名とお別れになることを伝えます。

バチェラーが登場します。

最初に名前を呼ばれたのは竹下理恵さん。

下記の順番で次々と名前が呼ばれていきます。

  1. 竹下理恵さん
  2. 大内悠里さん
  3. 鈴木光さん
  4. 輿水りささん
  5. 月田侑里さん
  6. 栃木愛シャさん
  7. 本田美羽さん
  8. 周典さん
  9. 明石真由美さん
  10. 大野博美さん

脱落者は高須賀佑紀と齋藤由依

今回ローズを受け取ることができなかったのは高須賀佑紀さんと齋藤由依さん

高須賀さんは女性たちに「人生でこんなに素敵な女性と過ごせてすごく楽しかったし、このメンバーの中に入れたことを誇りに思います。みんな頑張ってください」と伝え「もうちょっと泣いてもらっていい?」と言って笑いを誘います。

バチェラーに感謝の気持ちを伝え涙をこらえその場を去ります。

齋藤由依さんは女性たちに笑顔で手を振り、長谷川さんに一礼して笑顔でその場を去りました。

脱落者は高須賀佑紀と齋藤由依

長谷川さんは「またここから新しい旅が始まっているので、どうかわたしを信じてついてきてほしいと思います」と伝え残る12人の女性たちと乾杯します。

バチェラー5|口コミ感想

2話まで終えた、視聴者の感想や口コミをまとめました。

  • みんなの思いを伝えた大野さんえらい
  • 思ってた長谷川さんとのギャップに女性たち不満出しすぎ
  • 女性人たちの個性があまりない?

第2話では女性陣のバトルこそなかったものの、まさかのバチェラーの発言や、プランに対して女性たちが不満を募らせるという展開が多く見られました。

このまま強気の女性たちに振り回され、言っていることがころころ変わるような“迷バチェラー”にならないと良いのですが・・・

まとめ

\バチェラー観るならAmazonPrimeVideo/

30日間無料体験もできて過去のバチェラーシリーズも全話観れちゃう!

今すぐバチェラー・ジャパンを観る!

この記事では、バチェラー5第2話のあらすじと感想や口コミについてまとめました。

  • サプライズローズを受け取ったのは尾﨑真衣さん、西山真央さん
  • 脱落したのは高須賀佑紀さんと齋藤由依さん
  • 少しずつ女性たちが長谷川さんに不満を募らせている?

第3話はまた新しい展開が待っているはずです!

13名での旅の続きに期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です